カテゴリ:
Looking both ways.っていう論文、面白いです。
Psychotherapy Researchの学会誌が25周年ということで、過去25年とこれからのサイコセラピーの研究について書かれています。
25年の研究を振り返って書かれているところも面白いけど、私が特に興味を持ったのは、研究のこれからのところです。
Theory-building researchとProduct-testing reserch。
このような観点で研究を考えた事がなかったので、興味深いと思ったし、学生の論文指導にも役立つ考え方だなって思いました。
現在、この論文は読みっぱなしになっているので、少々これから整理しようと思います。