カテゴリ

カテゴリ:気持ち記録

本を買うということ

カテゴリ:
先週、3年生のゼミで本を買うことについて興味深い話がありました。
一人の学生は伊坂幸太郎さんの大ファン。
いつも伊坂幸太郎さんの本を買って読んでいます。
別の学生は古本を買って読んでいて…
伊坂ファンの学生は
「気に入った著者がいるのであれば、買って読まないと、料金は著者に入らない。お金が入らないと彼らは困る。だから僕は本を買って読む」
そして古本に関しては
「入り口としては良いと思うけど、その著者が気に入ったら、ちゃんと買って読むべきだと思う。それが著者に対する敬意」
とのこと。ちゃんとした彼の言葉は覚えてないけど、そのようなことを言っていました。
その通りだと思います。
本のお金のことだけでなく、色々なところでのお金の使い方の話になりました。
学生たちのお金に対する考え方も聞けてとても私にとっても有意義な時間になりました。
そして、ゼミの終わりに、彼オススメの伊坂幸太郎さんの本を購入いたしました。
 
IMG_2575

カテゴリ:
随分書いていませんでした。
年明けからいろんなことがありました。
良いことも悪いことも…
でも多分良いことの方が多かったと思います。

先週末は人間性心理学会でした。
沢山の仲間に会いました。
そして私は沢山の仲間に恵まれていることに気付かされました。
私は自分の信じることをひとつずつ丁寧にやっていくことが大切だと思っています。
これからもひとつずつ仕事を丁寧にしていきます。
応援、お願いします。 

カテゴリ:
樹木希林さんが亡くなった。
私は彼女にちゃんとお会いしたことはない。
でも…
20年くらい前…
私たち家族ぐるみでおつきあいしていたアメリカに住んでいたMおばちゃまをアメリカの学会に行った時に訪ねた。
彼女はリュウマチで、アメリカに住む息子さんに会いに行った時に症状が悪化し、医者に飛行機に乗って日本に帰るのは命取りになると言われ、アメリカに住んでいた。
日本との関わりはもうないっておばちゃまがいうので、
「同じマンションに住んでいて行き来のあった樹木希林さんは?」
と私が尋ねると
「私は世捨て人、もう誰も友達はいない」
とのこと。
なんかさみしく感じて…帰国後彼女の連絡先をネットで探したけど見つからず、で、モッくんのHPを見つけ、彼の事務所へ手紙を書き、樹木希林さんにお渡しくださいって…
投函した次の日私の携帯に
「内田です」
ってお電話頂きました。手紙に書いた事をお話しすると
「何バカ言っているの。アメリカの住所、FAXして」
って。
で、FAXしました。1ヶ月もしない内に希林さんは也哉子さん一家を連れておばちゃまに会いに行ってくれていました。
しばらくしておばちゃまが亡くなって…亡くなった事を報告する電話を入れたら
「戒名を教えて下さい。お経を唱えますから」
戒名をFAXしました。
私はちゃんとお会いしたことはありませんが、お電話で何度かお話しした樹木希林さんはとても優しい、心のある方というイメージが私にはあります。
ご冥福をお祈りいたします。

カテゴリ:
昨日講義終わりに学生が来て
「先生、チーカマって食べたことないんですよね?」
って。
はい、食べたことないし、多分見たこともない。
学生が
「どうぞ、八号館で売っています」
と言って、チーカマくれました。
チーカマってこんな形なんだが感想。
どこがチーズでどこがかまぼこ?全部チーズみたい…
思わず、学生の感想カードを集めていた時でしたがその仕事を放棄して、チーカマを開け始め、食べ始めた私。
「今、食べます?」
「そんな嬉しそうな顔してチーカマ食べる人、初めて見た」
まで学生に言われてもそんな声には負けない。
食べました。
カマボコの中にチーズが入っているのね!
美味しかったです。

実は、私、食べたことないものが多いのです。
「食わず嫌い?」
とも聞かれましたが、食わず嫌いというより食べる必要がなかったり、私の世界に存在しないものだったり…
チーカマもその一つです。
先月波戸岬に行った時に大学院生が作った教員に関する質問で私が食べたことないものはなんでしょうって言うのがあって、私は以外と食べたことないものや一度はあるけどそれ以降食べてないものが多いことに気づかされました。
その時にチーカマを食べたことがないことが暴露されたのです。

学生さん、チーカマありがとうございます。
美味しかったです。
 

このページのトップヘ

見出し画像
×