カテゴリ

カテゴリ:クライミング

クライミングに行ってきました

カテゴリ:
福岡に来て1年7ヶ月...
クライミングジムが生活圏内になく、クライミングに行く機会を逸しておりましたが、大学と自宅の間にありました。
1ヶ月ほど前、クーポンサイトで赤坂(注:福岡市内)にあるクライミングジムのお試し利用券が1000円で販売されている事を複数の方から連絡を頂き、購入し、行きました。
 
赤坂駅からほど遠くなく所にあるブラボークライミング。
どうもFacebookのページを見ると、去年の6月にできたようです。
36
壁面の数は
「この位なんだ」
って感じの数。
壁面の変化も
「ふ〜ん」
って感じです。
東京で行っていたクライミングジムPUMPときっと比べてはいけないんでしょうね。
47
あと盛り上がりも違うの。
とても難しい課題をしている人がいて、あと数手で登りきるっていう時に、店員さんも小さな声で応援。
私は思わずPUMPののりで大きな声で、
「ガンバ」
って言いたくなったけど、今日は初めてだし、小さな声で
「ガンバ」
ってつぶやいて...
で、その彼が、その課題を落としたら、小さな拍手。
思わず、大きく拍手してしまいました。

比べてはきりがない。
やらないより、やった方が良い。
と言う事で、会員になりました。 

これから週1回は行きたいなぁ〜 

カテゴリ:
今日は朝から心が沢山揺れました。
特に大きな揺れは...
知り合いの訃報です。
私にクライミングをスクールで教えてくれた先生。
先生って言っても30歳にもなっていない。
彼のクラスに入って、クライミングの面白さを教えてもらいました。

小川山という山で初めて外でのクライミングをした時。
スクールの行事でした。
ギャーギャー言いながら登っている私に、
「三國さん、右足を左足の左側に置いて」
と下から彼の声。
何も分からず素直に言われるがままに右足をクロスして左足の左側に置くと
「そうしたら左足にバランスのせて、右手離して」
との声。
で、一言
「さー、景色見えた?綺麗でしょう。これよりも綺麗な景色が上に言ったら見れるからね。はい、足を元に戻して!登る!」

この体験は忘れられずに残っています。
恐怖と戦いながら壁に挑んでいた私に、息抜きをくれた感じでした。


ある時は、インドアのジムでスクールしていて、私が上の方でどうやって良いか分からなくなり、でも下に降りる事は許されず、再びギャーギャー言っておりました。で、考えた。
「喉が渇いた。下に降りる。」
「水、どこに置いてある?」
「えっ!?」
私のペットボトルを見つけ、下からご親切に投げてくれました。
で、下に降りる理由がなくなり、最後まで挑む事になりました。

沢山クライミングの面白さを教えてくれました。
感謝です。

福岡に来てからなかなかクライミングに行けないけど、行こうっと。

「Mr」、ご冥福をお祈りします。

カテゴリ:
福岡に来てから、クライミング仲間が見つからず、忙しさに逃げて、行く事が出来ていませんでした。
月曜日に非常勤で教えに行っている専門学校の並びに「マムート」というクライミングのロープなどが売っているお店を発見。
そのに行って、クライミングジム情報を聞きました。
女性店員さんが福岡市内のクライミングジムに行っていて、彼女と話しをしました。
そうしたら、
「一緒に行きましょう」
と言ってくれた。
有り難い。
「是非」
と言う事になり、彼女の仕事の休みの日を教えてくれました。
取りあえず今月末までは行かれそうにないけれど、行ける。
身体作り、ちょっと頑張ろう。
嬉しいなぁ〜
また心理とは違う人との出会いがあったし。これは嬉しい事。
福岡での新しい世界が広がりそうです♩

このページのトップヘ

見出し画像
×